人生100年時代わくわくワークアズライフ

自分のアタマで考えて働きたい。生きたい。さらには誰かに少しでも貢献したい。

マーケティング初心者の概要理解のためにKindle Unlimitedへの登録をおススメ(初心者のためのオンラインマーケティングについてみんなが知りたいこと)

こんにちは。人生わくわく”プランニングコーチのアフロ(@afroriansym567)です。

 

マーケティングを集中して勉強するために Kindle Unlimited へ入りました。無料本をまずはとにかく読んで、マーケティングのインプットをして内容を即座にアウトプットして学びを血肉にします。

 

そして、直近はとあるオンラインサロンのデジタルマーケティングプログラムを作り仮説検証していく予定でおります。

 

皆さんはどういう思いでマーケティングについて学びたいと思われていますか?

 

何のためにマーケティングを学んで何を実践成果を出そうとされていますか?

 

一度整理してみてください。その上で、基本的なマーケティングの内容を学んでいくためのきっかけとして、この記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

 

個人的には、本書は基礎的なマーケティング用語のおさらいとして利用しました。

こちらの書籍を読む前に数冊インプット&アウトプットしていたためです。

本記事は、あえてマーケテイングに関するキーワードの詳細説明を省いております。自分自身が再度確認した際に説明できるかどうかをチェックする意味合いも持たせているためです。

 

マーケテイングに興味がある方で、ざっと読んでわからない部分があれば、ぜひ書籍を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

※過去記事: いくつかマーケティング関連記事を記載しました。

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

マーケテイング初学者の方も、改めて学びなおしている方も、本記事をご覧になった際に、知らない言葉があれば、ぜひ Kindle Unlimited で読んでみることをおススメします。

 

  

WEB解析は明確にデータ蓄積されレビューできる

Web上でのアクションは明確にデータとして蓄積されます。

 

そのため、確実な仮説や KPI を 立てることが今までよりもやりやすくなりました。インターネットを介しないオフラインの社会であれば、リアルタイム性のない媒体(つまり紙)で、調査に利用しやすい形式で購買までのアクション記録は残り難いです。

 

お客様が何かを買うに至るまでに、どういった判断をするのか、その判断までの時間間隔が空いているわけです。従って、マーケティング側としては 何をきっかけに購買までの行動に至るのかをイメージしづらい部分がありました。

 

しかし、EC サイトなどWeb 画面では、人が考えてイメージしてあれが欲しいと思ったところからかなりダイレクトに、購買プロセスに至ったのかを分析しやすくなりました 。

 

そうした変化の中、KPI として押さえておくべき用語で、CVR と CROを忘れずに 覚えておくべきです。

 

 

コンバージョン最適化という考え方

要するに、CVRを上げるための施策が重要というわけです。このCVRに関する計算式において、何をどう伸ばすべきかというポイントは事業内容により異なります。

 

例えば、定額契約のビジネスモデルならば、より多くのユニークユーザーに訪れてもらい(分母)、購入アクションに至っているのか(分子)、というようなKPIを分析することが良いかと思われます。

 

それに対してEC サイトに関しては、また違ったコンバージョン最適化の計算式分母と分子を何にするのかという切り口を備えておくことが大切です。

 

もし、コンバージョンに関する方程式の分母と分子を適切な対象としていなかった場合、効果的なPDCA サイクル戦略として成り立たないケースが考えられるからです。

  

効果的に顧客に認知されるよう情報展開

様々な切り口でオンラインマーケティングの手法は存在するかと思います。特に現在はソーシャルメディアの発達により、SNSだけとっても Facebook、Instagram、Twitter などなど多くのチャネルがあります。

 

また、SEMという”検索エンジンマーケティング”によりPPMやCPMなどの無料/有料広告を使ってコンバージョンを上げていく手法もあります。

 

発信する情報が目につきやすいように、検索結果を上位にするためのテクニックもあります。ホワイトハット、ブラックハットまたはグレーハットという切り口で、検索エンジン最適化の方法をまとめたSEOです。一度は目にしたことのあるワードがここまででも出てきたかと思います。

 

さらには、最近はあまりメジャーな方法ではないように思われますが、電子メールマガジンといった手法もあります。ただ、メールマガジンに関してはまだまだ使い道があるようなテクニックの一つとして感じています。

 

マーケティングというより副業の一つとして注目されることが多いですが、アフィリエイトも広告という意味ではひとつのオンラインマーケティングです。

 

色々なオンラインの仕組みを使ってリードを作成しファン作りさらにリピーターとしてお客様を育てていくこと。そのための手法に流行り廃りはあります。しかし、やはりそもそも何のためにオンラインマーケティングを活用して、どのように成果を出すのかということをしっかり練っておくことが重要なのではないでしょうか。

 

最後に、これからはデバイスとしてモバイルの活用割合が多くなっていきますのでトレンドとして必ず押さえておくべきポイントだと思います。

 

 

マーケティング関連の記事は以下も参考にしていただければ幸いです。

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

Kindle Unlimited に登録すれば、無料で多数のマーケテイング関連書籍が読めます。過去記事で紹介した書籍も無料のものばかりです。すでに10冊前後は無料本をインプットしました。是非お試しください。

 

 

 

以上。