人生100年時代わくわくワークアズライフ

自分のアタマで考えて働きたい。生きたい。さらには誰かに少しでも貢献したい。

30代の転職活動記録⇒面談失敗談(X社)のご紹介(コンサルティングか営業どちらが本当にやりたいの?)

こんにちは。人生”わくわく”プランニングコーチのアフロ(@afroriansym567)です。

 

転職活動頑張っていますか?面接でうまくいかないということはないでしょうか?

 

私はたくさん面接で失敗しました。そもそも新卒では就職面接をまともにやったことがなかったため、転職時の面接は大変苦労しました。

 

特に志望動機とキャリアプランをうまく話すことができず悩んでいました。

 

今回は、当たり前のことですが、面接前に業務内容はすり合わせしておいた方が良いというお話です。

 

 

 

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/dd/dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_t.jpeg

 

転職面接失敗談、業務内容は事前にすり合わせしよう


ビズリーチでスカウトを受けた企業(X社)に面談を申し込みました。

求人詳細の業務内容を確認した時にはコンサルティング営業と書いてありました。

記載された内容だけでは、営業が主なのかコンサルティングが主なのかどうかは微妙なところでした。

 

結論としては営業が主で コンサルティングは従でした。


面接を受ける前に採用担当の方から電話連絡が来たのですが、日程調整をするためだけでした。ビズリーチのスカウトメール上では、いったん電話面談からというお話だったのですが。。

 

その際に 応募内容の詳細に少しは説明を受けておくべきだったと思います。

いかんせん、自分が激務の中でタイミングが悪かったということもありますが、時間をうまくとるべきでした。

 

面談時の失敗ポイント


失敗につながったポイントは2点です。

 

実際の面談で質問されたこととして、「営業をやりたいのかコンサルティングやりたいのかどちらですか」という内容が1点目です。

 

「営業ではなくコンサルティング」と答えました。れがまず採用応募の内容の ニーズとのズレでした。

 

2点目は、「大企業なので転勤が必要になる可能性はもちろんあるので、組織的な改編などといった場合も含め柔軟に対応することができるのか」という問いに対して、私は「地元で勤務し続けることができないとNGです」と答えました。

 

これが2つ目のニーズのズレで不採用となった原因だと思われます。


そもそも面接の時にお互いのニーズのズレがわかってしまうというのは時間の無駄以外の何者でもありません。

 

採用担当の方は東京から関西の方に出張で来てくださっていました。私自身もわざわざ有給を取って面接に臨んでいたので、お互いの時間のロスでお互いに不幸せな結果になっていたのはないかと思います。

 

あまり有益な時間ではなかったように感じますが、ご参考までに、どのような質問をされたか参考までに記載しておきます。

 

  • 該当企業にどのような印象を持っているか
  • 希望する業務領域(システム導入の支援範囲)
  • 経営改革するなら何から始めるか
  • 該当企業で経営改革や新規事業を手掛けるアイデアの具体例はあるか
  • コンサルティングと営業どちらが本当にやりたいか
  • 英語に抵抗は無いか
  • 転勤があっても問題無いか
  • 人材育成、特に新人育成で注意していることやノウハウはあるか

 

以上でおおよそ45分程度でした。

事前に履歴書と職務経歴書は読み込んで下さっていたので、結構話しました。

 

 

他にも転職関係の記事を記載していますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

 

 


以上