人生100年時代わくわくワークアズライフ

自分のアタマで考えて働きたい。生きたい。さらには誰かに少しでも貢献したい。

新宿のテルマ―湯が最高に居心地よくリラックスしながら勉強もできた件

こんにちは。人生100年時代わくわくプランニングコーチのアフロ(@afroriansym567)です。

 

普段は関西在住の大阪勤務ですので、関東へ出張する場合は宿を探さねばなりません。

 

会社の費用でホテル泊などできれば良いのですが、そうはいかない場合もあります。

費用を安くで済ましたいけど、マンガ喫茶やカプセルホテルは嫌だという場合におすすめの場所があります。

 

新宿のテルマ―湯です。

 

少し脚色を交えながら、遊びという名のプライベート東京出張をしたアフロがお届けします。

 

 

※ ↓↓↓ 宿泊した際に壁にあった看板を撮影しました ↓↓↓

f:id:funkasticsym567:20180418185658j:plain

サウナを探して半日以上さまよいマンガ喫茶で妥協

それは、仕事上の盟友たちと情報交換するために東京へ赴いた時のことでした。

夜行バスで往復し、東京では2泊する予定ながらも宿はとっていない。

まあ、最悪マンガ喫茶で我慢できるしどうにでもなるか、という考えでした。

 

さて初日、8:00すぎに夜行バスは池袋へ到着し、まずはお湯につかりたいと思い探してみました。

 

バス降り場からすぐに、タイムズレスタがあるではないか!

 

www.timesspa-resta.jp

 

おおこれは幸い、すぐに気持ちよくなることができそうだと。

(夜行バスに乗る前にワインを飲みまくっていたので酒臭さを抜きたかった)

 

エレベータをあがって受付へ。

 

ん?おやおや?

 

    • ※最終入館時間は8時となります。

 

うげ、やってしまった。夜行バスのせいにしたい気持ちになったものの、そもそもバスは8:50到着予定のところを8:00に到着していました。

 

自分が事前調査不足なのを棚上げするのは筋違いだろうと自分に突っ込んで、どうするか考えました。

 

池袋から移動し、有楽町でランチ予定だったので、東京駅近辺で安くで汗を流せそうなところをリサーチしました。

 

で、京橋のカプセルホテルっぽい場所を目指して出発しました。

travel.rakuten.co.jp

 

10:00ごろ到着したけど。。。

 

扉は空いてはいたけど、受付に誰もおらず。。。

 

24時間対応ではないのか。。。

 

ひとまず、あきらめました。

 

ランチをする友人には、おっさん臭いかも知れない旨を伝えて陳謝しました。

 

帝国劇場の地下でランチ。

 

www.isehiro.co.jp

 

美味しゅうございました。

 

 

 

結局、一日目は、面倒くさいから、マンガ喫茶のシャワーで済ませよう。というわけで、新橋のマンガ喫茶でシャワーを浴びた後に旧友と飲みに出かけました。

 

 

飲んだ後は新橋から新宿へ移動してManbooカフェで仮眠を取りました。

 

さすがにまたシャワーだけなのは我慢ならんので、どこかいいところは無いものかと探してから眠りについたのでした。

 

目的地へようやく到達(もうカプセルホテル探しはやめよう)

8:00にネットカフェ・マンボ―を出てから、新宿でスパや銭湯の類は無いものかということが気になっていました。

 

そこでこのテルマ―湯が登場するわけです。

 

thermae-yu.jp

 

ネットカフェで半日以上過ごしていた身として、こんなキレイな所で休めるなんて最高です。

 

早く行きたいところですが、AM11:00~だったので、ルノアールでお茶しながら仕事してました。

 

そしてブックオフで本を買ってラーメン食べてから、ようやくテルマ―湯へ突入しました。

 

至福のひと時

やはりまともなお湯に入ることができるとリラックスできますね。

テルマ―湯の何が良いのか。

 

  • 値段が安い(11:00~ラストまでいても基本料金は2,500円未満)
  • サービスが充実(オプション料金必要だがマッサージやレストランもありお酒も飲める)
  • 外観も内観もすべて清潔である
  • お風呂の湯は伊豆から毎日輸送している

 

私はお風呂の後、テレビ付きリクライニングチェアのあるスペースで仮眠して読書して過ごしました。

 

印象的だったのは客層です。

 

  • 歌舞伎町周辺の住人(ホストの方や近所の経営者風の方など)
  • ビジネスパーソン(どう見ても自分と同じぐらいのおっさんたち)

 

サウナでホスト風のお兄さんが会話していましたが、給料何に使った?とか、あといくら残ってる?などから始まり、仕事のために有意義な使い方を議論するに至るなど、非常にアツい場面でした。

 

休憩フロアで女性客とも数名すれ違いましたが、年齢層の幅は広そうです。

ちなみに外国人の方もいらっしゃいました。

 

確かに言えることは、また通いたいと思える場所だったということです。

 

普段は見聞きできない世界を覗くこともできましたし、古本屋で購入した本もゆっくり読むことができました。

 

ビジネスのアイデアを練ることもできたので大満足です。

 

おまけ

マキタスポーツさんに酷似したお客様がいらっしゃいました。

リクライニングシートがある休憩スペースで隣の方とお話しされていたので、さすがに声をかけませんでしたが、業界人もご利用なさるのでしょうか。

 

真偽の程は、通ってみればわかるはず。。。

 

・・・墨田区某所でレキシ(池田貴史さん)に似た人を見つけたのですが、どう見ても違うと妻に言われるまで納得できなかった経験上、まったく自信はありません。

 

 

 

以上。