人生100年時代わくわくワークアズライフ

自分のアタマで考えて働きたい。生きたい。さらには誰かに少しでも貢献したい。

人事領域のお仕事に携わっていて見つけた素敵な組織の紹介(ヌーラボさん)

こんにちは。ERPパッケージシステム導入支援コンサルタントのafroriansymです。人事ど真ん中な業務をしているわけではありませんが、人材育成、発展する組織についての興味は人一倍強いです。

 

大小様々なクライアント企業を担当したこと(40~50社ほど)と、自分が転職活動をしたことで、素敵だなと思った組織をいくつか見つけました。

 

今回はその1つをご紹介します。(※私自身のキャリア、やりたい事とは無関係です)

 

個人的には、働く場として理想的な考え方をして運営されているのではないかと思う企業様の1つです。

 

転職活動をしている方や、人事ご担当の方で組織・人材育成に興味をお持ちの方。自分が進みたい方向性について、何かのヒントになれば幸いです。

 

 

 

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/77/770564233f6278fa496217c5dd08394f_t.jpeg

働きがいのある会社とはどんな組織でしょうか

「働きがい」というワードで真っ先に思いつくのが、”Great Place To Work"のランキングです。

ランキングに入っている、セールスフォースや、サイボウズなんかも好きなのですが、今回はこのランキングには、、、入っていた!

 

nulab-inc.com

 

小規模部門の2018年働きがいのある会社ランキング第8位でした。

 

はい、私の紹介したい企業は、「ヌーラボ」さんです。

 

それはそうと、皆さんはどんな組織であれば、”働きがいがある” と感じるでしょうか。

いろいろな視点はあるかと思いますが、私がぱっと思いつく限りで考えると以下のようなポイントが頭に浮かびました。

 

・楽しいと感じる組織
・成長を感じる組織(主体的に考えて仕事を作ることを許される環境がある)
・自己肯定感が保てる組織(育ててくれる、必要とされる)
・チャレンジャブルな組織
・なんでも共有して隠し事がまったく無い組織
・チームで団結して成果を出す組織

 

やはり最も端的にいえば、こんな組織で働くのであれば、「楽しい」と思える組織こそが、働きがいのある場所なのではと思います。

楽しい、と感じるポイントは、人それぞれかもしれません。その組織の事業が面白く、社会貢献ができる。もしくは、その組織に属している人が興味深い。成長を促してくれる環境である。などたくさんの切り口があるかと思います。

 

今回、ヌーラボさんを素敵だと思う理由は後で記載しますが、あなたが素敵だなと思う組織はどんなものかを想像する際には、働きがいがある環境ってどんなものかだろうか。ということを考えてみるのも面白いのではと思います。(就職活動、転職活動している人、企業の人事の方々は特に。)

 

会社に触れてみないとわからない

働きがいのある組織かどうかは、極論ですが、実際に接することでしかわからないと思います。その組織内で仕事を体験してみないとわからないことの方が多いように思います。

 

例えばインターンシップであればその組織の現場に入って仕事を一緒にします。仕事の内容にもよるかもですが、内情がよくわかる手っ取り早い手段です。ただし、少々ハードルは高いかもしれません。複数企業のインターンを勝ち取る。なんて、くじ運とかもないと難しいことは感覚ベースでも間違ってないと思います。

 

そう考えると、Wantedlyなんかを利用して、カジュアル面談を様々な企業の人とすることなら簡単でやりやすいです。その組織に所属する人と触れることである程度はつかめるものがあります。

 

就職活動、転職活動されている方はWantedlyを効果的に使うことで、自分が働きがいを持てる組織に出会う確率を上げることが可能だと感じます。

 

ちなみに私の転職先はWantedlyで見つけました。ビズリーチでも面談いくつかやりましたが、Wantedlyで決まりました。その辺はまた別途ブログにて。

 

ヌーラボは広報&人事が重要な役割を果たしている

さてさて、ヌーラボさんが素敵だなと思った理由にうつります。それはまさにWantedlyで、人事の方や広報の方が様々な人事データ開示や活動を発信しているからです。

  

www.wantedly.com

 

上記の、人事データ公開の記事なんて、興味深すぎます。仮に自分がある企業の人事ならば、自分の企業規模や理念に即したら、どんな利用方法をするかといったことを考えます。

 

どうやって採用した後の従業員エンゲージメント、ローヤルティを高めていくことができるか。チームワークを最大限に発揮して協力して仕事を楽しむことができるのか。などワクワクしながら考えることが自然とできるのです。

 

 

以下の事実なんて、ワクワクをものすごくかきたてられますね。

nulab-inc.com

 

www.wantedly.com

 

 

 

 

そんなこんなで、多分に主観的なのですが、魅力がたくさんな企業なのです。

 

 

ヌーラボさんからは、ティール組織の一端を垣間見ます。

ぜひ、福岡に遊びに行きたいと思います。

あ、それよりまずは、Backlog Worldへの参加 (←こちらはもう終了してますが、今後ですね)が現実的ですね。

 

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

 

 

ちなみに、Backlog関連記事は以下です。課題管理アプリを家族間の課題管理に利用してます。よろしければ以下もどうぞ。

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

www.afroriansym100life-shift.net

 

 

 

以上。